【 コーチング 】企業にとって今なぜコーチングが必要なのか? ITを活用したコーチングシステム紹介

「コーチング」企業にとって今なぜコーチングが必要なのか?ITを活用したコーチングシステムの紹介

RADICODE
RADICODE

システム会社の『ラジコード』です ✨
Webシステム開発・技術コンサルティング・新規サービス開発・既存サービス改善 など提供しています : )

お気軽にご相談ください! 💪
会社案内資料はこちらからダウンロードできます😊

「コーチング」が企業経営に中で人材を活かすためのキーワードとして注目されています ✨

コーチングとは何か、なぜ今コーチングが企業経営に必要とされているのかを解説し、解決策のひとつとして IT を活用したコーチンングシステムを紹介します 😊

コーチングとは

最近よく聞かれるコーチングですが、そもそもどんな意味があるのでしょうか。

一般社団法人日本コーチ連盟のホームページには、コーチングについて下記の記載があります。

コーチングは「答えはその人の中にある」という原則のもと、 相手が状況に応じて自ら考え、行動した実感から学ぶことを支援し、 相手が本来持っている力や可能性を最大限に発揮できるようサポートするための コミュニケーション技術

つまり、企業にとってコーチングを意識した取り組みを行うことは、状況に応じで自ら考え行動する、自律的社員を育てることにつながります。

グローバル化、デジタル化、少子高齢化といった社会経済環境が大きく変化する中で、現在の企業に必要な人材は自律的な人であるといわれています。コーチングは企業経営にとっても重要な考え方のひとつであるといえるでしょう。

またICF国際コーチング連盟日本支部のホームページによると、コーチングによって、以下のメリットが得られることが記載されています。

コーチングを受けることで、あなたは生産性の向上、人生やキャリアに対する満足度の上昇、目標の達成を期待することができます。

現代の企業経営にとって、生産性の向上は必ず達成していかなければならない課題であり、社員の人生やキャリアに対する満足度の上昇は、社員満足度やエンゲージメントの向上に結び付いて、生産性を向上させる原動力になることが期待できます。

コーチングが注目される理由

現在の企業を取り巻く社会環境の中で企業が勝ち残っていくためには、社員の生産性を高める必要があります。

そのためには、社員のモチベーションや個々の能力とスキルを十分に発揮できる環境を整えていくことが課題になります。

コーチングは、企業が抱えるこれらの課題解決策として期待さています。

これからの企業経営に必要

国が推進する働き方改革では、少子高齢化、社員の働き方の多様化といった課題に対し、生産性向上と、社員がモチベーションを持ってスキルとキャリアを十分に活かせる職場環境を整えることが重要とされています。

また、経済産業省「変革の時代における人材競争力強化のための9つの提言」によると、これからの時代の企業経営には、社員の自発的な貢献意欲を引き出す仕組みを持っているかが重要であることが提言されています。

社員の自発的意欲の向上や自律的なキャリア構築を支援して、成長の機会を提供するための手段としてコーチンングが注目されているわけです。

ミレニアル世代人材獲得に必要な企業文化

日本の少子高齢化は、若者の人口減少とともに人生100年時代をふまえたシニアの就業機会の長期化を招いています。

企業は人材の多様化への対応と社員の自発的貢献意欲の向上、自律的キャリア構築のサポートを強化し、成長機会を提供していかなければなりません。

そんな中で、これから企業の中核を担うミレニアル世代(1980年から1995年生まれ)の人材確保もコーチングが注目される理由のひとつになるでしょう。

以下、経済産業省の「競争閃絡としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会」の資料によると、ミレミアム世代は、就職先を選ぶうえで、企業の多様性や受容性の方針を重要視する傾向がみられました。

引用)経済産業省:競争閃絡としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会第3回 P20

企業にとっては人材の確保は重要な課題です。
企業の多様性や受容性を高め企業文化としていくためには、社員が自律的にキャリア形成や学習を継続できるようにサポートしていく取り組みが必要です。

企業経営を持続させるための人材確保のためにもコーチングが注目されているのです。

ITを活用したコーチングシステム

現在から将来に向けて、企業経営にコーチングの考え方が注目されている点について紹介してきましたが、具体的に企業はどのようにコーチングに取り組んでいるのでしょうか。

コーチングはコミュニケーション技術であり、人的なスキルが重要になりますので、コーチングスキルを持った人材の採用や育成のための研修受講などが従来実施されてきました。

近年はそれに加え、コーチングを企業がより効率的に取り組む解決策として、ITを活用したコーチングシステムプランが脚光を浴びています。

ここでは参考に3つのサービスを紹介します。

AIによるコーチングシステム

スマホやパソコンから、イラストによって擬人化された AI によって、社員は、個人個人にパーソナライズされたコーチングや知識の付与を対話形式で受けることができます。

サービス例:AI コーチマイコ

振り返りながら成長する自動集計型日報ツール

パソコンから簡単に入力することで振り返りを管理できるツールシステムが提案されています。

ラジログ では Slack・Github・Scrapbox 等の日々利用するツールのログを毎日アウトプット集計して、自身で精度の高い振り返りを実現することができます。

サービス例ラジログ

LMS

LMS とは、e-Learning を実施する際のプラットフォームとなるシステムです。

近年は社員の学習を管理サポートするだけでなく、自律的な学習やモチベーションを維持するコーチングに適した機能も付いたプランが提案されています。

LMSとは(学習管理システム)

今なぜコーチングが必要なのかまとめ

現在の企業に必要な人材は自律的な人であるといわれています。

コーチングは、自律的な考え方を育てます。

激しく変化する社会環境の中で企業が勝ち残っていくためには、社員の生産性を高める必要がありモチベーションや個々の能力とスキルを十分に発揮できる環境を整えていくことが課題です。

コーチングはそんな課題の解決策のひとつとして注目されています。

今回の記事によって、最近よく聞くコーチングについて、ぼんやりではなく、はっきりと理解していただけたら嬉しい限りです ☺️