会社案内資料ダウンロード

アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方

アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方

RADICODE
RADICODE

システム会社の『ラジコード』です ✨
Webシステム開発・技術コンサルティング・新規サービス開発・既存サービス改善 など提供しています : )

会社案内資料はこちらからダウンロードできます😊
お気軽にご相談ください! 💪

サービスを成長させていくために必要なマーケティング活動。とくにWEBマーケティングでは新規の顧客を誘導しコンバージョンに導いていくようなコミュニケーション戦略など多くの考え方があります。

これまでのマーケティングの考え方は重要ですが、サービスをどのように成長させていくのかという戦略によって必ずしも考え方は一つではありません。

自分たちのサービスの本質的なマーケティングとはどのような施策を行うべきか、ということを考えるきっかけになればと思います。

アジャイル開発とは

アジャイル開発とは、これまでのウォーターフォール型の開発とは異なる開発手法で素早い」、「機敏な」という意味を持つ開発手法です。

システムやソフトウェアなどの開発の際、大きな単位でシステムを区切った開発手法だったものを小さな単位で区切って開発を行うことで、素早く、柔軟に対応した開発を行うことをいいます。

この開発手法のメリットは、従来のウォーターフォール型のように要件などをしっかりと練って仕様書などじっくり作った上で開発に入るようなやり方と違い、「まずは作って試してみる」というところにあります。

アジャイル開発とは | アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方
アジャイル開発とは | アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方

ウォーターフォール型では、仕様の決定や要件のまとめなどに時間をかけ、細かく仕様を決めた上で開発に入ります。それによって開発中に仕様の変更を行いたい場合などが非常に大変で、影響範囲も大きくなるため、時間とコストがかなりかかることがあります。

現代のような素早く新たなプロダクトをマーケットにリリースしたい場合、従来の開発手法では大きなリスクを背負うことになります。

そのため、ユーザーのニーズに対してすぐに変更を行い、アップデートしていくことができるプロダクトの開発が必要となり、容易な仕様変更や、機能の追加を行うことを可能にする開発手法として、注目されているのがアジャイル開発です

アジャイル開発の流れ

アジャイル開発はまずは作ってみる、というところからスタートします。

例えば、予めユーザーのニーズなどを汲み取り、プロダクトの方向性が決まった時点で、もっとも重要な機能や、体験のみに特化したプロダクトを開発し、そのプロダクトをマーケットに出すことでユーザーからのフィードバックを確認するなど、この方向性で問題ないか?というのを確認することが可能になります。

このフィードバックを元に良い部分、悪い部分を常に確認しながら、さらに開発を行う、もしくはサービスの方向性をピボットする、など常に調整を行い、サービスをよりよくしていくことが可能になります。

アジャイル開発が新規事業に向いている理由

アジャイル開発が新規事業に向いている理由 | アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方
アジャイル開発が新規事業に向いている理由 | アジャイル開発とは?新規事業の開発に最適な開発手法の考え方

1. 試して確認できる

新規サービスを立ち上げていく場合、サービスが具体的にお客様に刺さっているのか、というのはサービスを開始するまでわかりません。

大きなコストをかけて開発される新規事業などは作ったあとに結果的にダメでした。となるのはかなりリスクが大きく、失敗しそうならやらないほうが良い、というネガティブな状況になりがちですが、アジャイル開発を行うことで、常にお客様の反応を見ながら最適化していくことが可能なので新たなチャレンジもしやすくなるので、新規事業の開発の際にはアジャイル開発が向いているといえます。

2. 無駄なコストかけずに開発できる

アジャイル開発では小さくはじめて市場の反応をみながらスケールをさせていくことができます。新規事業として筋の良い線を見極めたうえで本格的にマーケティングを行ってサービス規模を大きくしていくこともでき、常にサービスにとって注力するべきリソースを最適化することができるので無駄なコストをかけることなく新規事業の開発が可能なります。

3. 柔軟に進めていく

新規事業はある程度開発を進めた際に、大きくやり直す、見直す、ということも必要になります。小さな単位で開発を行っているので、修正や見直しを行った際にも影響範囲も小さく、柔軟に修正が行えます。サービスの方向性を変更する、という判断を行った際でも躊躇なくやりなおして新たな方向に進めることが可能になります。

まとめ

小さく、素早く、柔軟に開発を進めていくことのできるアジャイル開発は、現代のようにお客様のニーズがすぐに変わってしまう時代に最適な開発手法ではないかと考えます。
特に新規事業などの先行きが見えない状態で開発を行う場合にはリスクを極力減らすことに繋がり積極的なチャレンジを行うことが可能になります。

新規事業を始める場合には、アジャイル開発のご検討をしてみてはいかがでしょうか。