会社案内資料ダウンロード

新規事業開発を成功させるには?~失敗要因と3つのパターンから学ぶ~

新規事業開発を成功させるには?~失敗要因と3つのパターンから学ぶ~

RADICODE
RADICODE

システム会社の『ラジコード』です ✨
Webシステム開発・技術コンサルティング・新規サービス開発・既存サービス改善 など提供しています : )

会社案内資料はこちらからダウンロードできます😊
お気軽にご相談ください! 💪

顧客ニーズの多様化や情報化社会の到来により、既存の製品やサービスがレッドオーシャン化しつつあります。

そんな市場の波に飲まれずに、新規事業の開発に乗り出そうと考えている方も多いのではないでしょうか✨

その中で、「新規事業の開発がしたいけど、どこから手をつけたらいいかわからない」「社内でシステムに詳しい人がいない」と悩みを抱える方もいるでしょう😢

この記事では、新規事業開発における成功と失敗の要因、失敗例を紹介。

読み終わった後には、新規事業開発の悩みを解消して前向きに臨むことができます👍

新規事業開発が成功する3つの要因

新規事業開発が成功する3つの要因
新規事業開発が成功する3つの要因

新規事業開発を成功させるためには、何が欠かせないのでしょうか。3つの成功要因を見ていきます。

1.ターゲットを明確にすること

まず始めに、ターゲットを明確にすることが大事です🔆

例えば、「20代~30代前半の若い女性」というターゲット設定では不十分といえます。

性別や年代でくくられたターゲットは、ライフスタイル・生活様式・価値観がさまざま。顧客のニーズや商品・サービスを選ぶ基準も大きく異なってしまいます。

ターゲットの設定をより明確にすることで競合他社が限定され、競争がさほど激しくない市場で自社の魅力を発信することができます。
また、市場参入後のマーケティングやブランディングがより洗練され、利益向上につながるでしょう📈

2.競合の少ない市場に参入すること

確実性の高い需要だとしても、競争の激しい市場で新規事業を成功させるのは難しいといえます。

それは、自社のコンテンツの良さを市場にアピールし、競合他社と大きな差別化を図る必要があるからです💡

時には、商品・サービスに新たな付加価値をつけて価格が高くなってしまうこともあれば、価格競争に巻き込まれることもあります💰

そのため、競合の少ない市場を選ぶといいでしょう。

3. トレンドを押さえた内容であること

時代の移り変わりにより、消費者が求めるモノや価値観は常に変化します。あることが火付け役となりブームに発展することもあるくらいです🌊

企業の新規事業開発において今後の需要が確実に予想できるものでなければ、市場参入後に淘汰されるおそれがあります。

「今、そして今後見込める需要は何か」を考慮し、それに沿った新たなビジネスを展開していかなければなりません。

弊社の「アジャイル開発」は上記で挙げた成功要因を満たしながら、素早く簡単に新規事業開発に取り組むことができます💪

「アジャイル開発」のメリット

  • ユーザーに価値が早く届く
  • 実際のプロトタイプを確認できるため改善スピードが速い
  • 事業の修正や変更も柔軟に対応
  • 月額定額制のため予算の見通しが簡単
  • 低コストで開発可能

この機会に検討されてみてはいかがでしょうか😊

新規事業開発が失敗する3つの要因

新規事業開発が失敗する3つの要因
新規事業開発が失敗する3つの要因

新規事業開発における成功要因を踏まえて、今度は失敗する要因3つを挙げていきます。

1.市場参入タイミングの判断ミス

新規事業の体制を整えていたとしても、市場への参入に時間がかかってしまっては逆効果です💦

時間がかかればかかるほど競合他社に先手を取られ、新規事業が失敗する確率が高くなってしまいます。
だからこそ自社同様、競合他社の新規事業立ち上げも考慮したスピード感が必要なのです🏃‍♀️

同時に、市場参入後の事業方針やリスクヘッジが求められます。
事前に長期的な見通しを立てながら市場に参入し、その後本格的に体制を整えていく方法もいいでしょう。

2.顧客ニーズの検討不足

成功要因の1つとして先述しましたが、新規事業の立ち上げにはターゲット設定が重要です👀

顧客が「どのような悩みを抱えているか」「何を求めているか」など、具体的なニーズを分析します。
調査の仕方には、アンケートやインタビューなどいくつかの方法がありますが、それぞれのメリットを把握して調査するのがよいでしょう📝

顧客ニーズをもとに購買につなげるための戦略やPRを練ることで、新規事業の立ち上げから市場参入後までをスムーズに見通せられます。

3.経営資源の不足

新規事業の立ち上げには、人員や資金など経営資源を把握する必要があります。なぜなら、新規事業の成果は短期間で出るものではなく、利益が得られない状態が続くこともよくあるからです。

余裕をもった経営資源の確保が事業継続の鍵を握ります😉

さらに新規事業の立ち上げ後、競合との差別化を図る際には経営資源が大きく関わってくるといえます。
顧客の求める製品・サービスを作るには最新機械の導入をするなど、思い切った資金投資が適切なときがあります。

しかし逆に、経営資源を抑えすぎるあまり、競合企業に競り負けてしまうことも😥

新規事業に着手する際にはあらゆるポイントを抑えなければならないため、相性のいい他社との共同開発や、事業開発を得意とする企業に相談してみるのも1つの手です👌

新規事業開発における3つの失敗例

新規事業開発における成功要因を踏まえて、今度は失敗する要因3つを挙げていきます。

大手アパレル企業:経営資源の不足

大手アパレル企業は野菜通販事業を始めたものの、売上高が売上予測の約半分。2年で億単位の赤字を出し、事業は撤退することになりました😢

野菜の在庫管理や安定した供給の難易度の高さから、資金や人材など経営資源の不足が見られた事例の1つです。

大手フリマアプリ企業:顧客ニーズの検討不足

英国進出当初、大手フリマアプリ企業は売上高が好調だったのですが、後に損失が大きくなり子会社を撤退することになりました💸

というのも、英国文化の把握が足りなかったから。英国では直接会って商品を交換したり売買したりするのが主流だったため、オンライン上での取引は普及しませんでした。

大手コンビニエンスストア:不十分なシステムセキュリティ

大手コンビニエンスストアでキャッシュレスブームに伴い、QRコード決済サービスを開始📱
しかし、サービスを開始した初日から、不正チャージと不正利用の2つの問題が相次ぎました。

あらかじめ事業開発における入念な方針やリスクヘッジを考えてもなお、対応できない場合があります。

この問題は、同社グループ全体のシステムセキュリティの管理を統制することや、その水準を高める必要性が明らかになったケースでした💡

まとめ:新規事業開発の失敗から学ぶこと

新規事業の開発を成功させるために、新規事業の成功・失敗要因、失敗例を紹介しました。

自社に適した新規事業開発への展望が少しでも開けたのではないでしょうか😊✨

新規事業開発を成功させるには、いくつかのポイントを押さえることが不可欠です。

新規事業の開発のコストとリスクに悩む方や、「アジャイル開発」に興味を持った方は、ぜひ気軽にご相談ください💪